セミナー, トピックス

第144回アフタヌーンセミナー「ガーデニング ブランド苗最前線(オンラインで開催)

2021 年 4 月 29 日 木曜日

第144回JFMAアフタヌーンセミナーはコロナ禍オンラインで開催しました。
講師は株式会社ハクサンの藤原氏。
ワインを学ぼうとブドウの研究の為大学へ行き、ブドウで有名な農場があるカリフォルニアへ渡米。
しかしながら、配属はリンゴ農家。英語とブドウを学ぶ予定が、労働力として来ているメキシコ人に習ったスペイン語と
リンゴの知識を得て帰国。その後、ワインの道ではなく種苗の道へ進まれたようです。

タイトル:「ガーデニング ブランド苗最前線」
~コロナ禍で見る消費者の動向と持続的な成長に求められること~
講師:藤原 雅志氏 (株式会社ハクサン 企画部/営業部)
日時:2021年3月9日(火)14:00~

■ハクサンについて
ハクサンは40周年を迎えた会社で、5つの会社からなるホールディンクス会社です。ハクサン単体では50名程従業員がいますがグループ全体では、300名です。このうち100名くらいはスリランカに社員がいます。

(中略)

 

■耐寒性ゾーンパップ
「この植物、住んでいるエリアで冬越しするのかな?」という園芸ユーザーの疑問にわかりやすく答えられる「園芸耐寒性ゾーン」を作成。寒さを段階別に分け(日本の場合は20ゾーン:3a~12b)、植物ごとにどの地域まで冬越し可能なのか知るための指標。  PW公式ホームページでは耐寒性ゾーンをGoogleマップと連動させることで、スマートフォンやパソコンの位置情報からワンクリックでご自分が住んでいるゾーンがいくつなのか、また植物ごとに冬越し可能かどうかを知ることができます。それが耐寒性ゾーンマップです。

 

(アフタヌーンセミナー報告はJFMAニュース2021年3月号掲載)


▲ページの先頭へ