トピックス, 展示会

2020年フローラル・イノベーションは、開催します。@東京ビックサイト

2020 年 6 月 4 日 木曜日
このコロナ禍で、今年11月に開催を予定しているフローラル・イノベーションの案内です。
(この展示会は国際見本市連盟の指針に従って、予定通り11月11日~13日に開催されます)
~花き業界存続の危機をどう乗り切るか気候変動人手不足、消費低迷への対応策
「フローラル・イノベーション」は、日本能率協会と、日本フローラルマーケティング協会が

2019年からスタートさせた新しい展示会【交流の場】です。

日本の花き業界の「持続的な存続・発展」を支援するため、
花き業界内の各流通フェーズ(種苗、生産、流通、小売、関連資材)における
様々な製品、技術を集めた花きの新しい付加価値創出、ならびに、
花き業界全体が抱える問題(気候変動、物流における人手不足、​高齢化と後継者難等)への対応を、

業界内外の英知を結集して考える場を目指します。

過去~現在がどうであるかよりも、「未来にどうありたいか」を共有できる場を作ります。

現在、多くの展示会が中止になっております。しかしこんな時だからこそ、
リアルで会う、展示会が必要です。
皆さんの周りに、各展示会が中止になっているため、出展する場がないとおっしゃっている人がいましたら
ぜひ、JFMA事務局へご紹介ください。◆今年はイベント企画しております。

「Enjoy Home With Flowers」

コロナ禍のステイホーム期間、家に居て花に癒された多くの人がいます。
またアンケート結果で、「以前より花を飾ってみたい」という人が90%いました。
これは長く低迷を続けてきた花きの消費拡大の契機になると思いませんか。
現在、生活者が花を買う場はスーパーマーケット等の量販店の花売り場が
全国的に広く認知されています。(特にコロナ禍で広がりました)しかし一方で商品の満足度は必ずしも高いとは言えない現状があります。

逆に捉えると、量販店の花売り場で満足度の高い商品を提供すれば、
自ずと花の需要は拡大するものと考えられます。

今回、JFMAが企画するイベントは、これまで開催されてきた
花のデザインコンテストなどとは全く異なり、実際の家庭生活空間に
飾るのに相応しい花とはどんなものなのかについて、花屋目線ではなく
生活者目線から提案してもらい、供給者としての量販店様、
ブーケメーカー様には商品化の実現可能性を審査して頂くことで、
新たな商品開発に役立てて頂ければと考えます。

さぁ!展示会を一緒に盛り上げませんか?

展示会詳細はこちら

フローラルイノベーションのHPをご覧ください。
*JFMAの会員ですと、会員価格となります。

会期:2020年11月11日(水)~13日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 青海展示棟
主催:一般社団法人日本能率協会
展示規模:170社・団体/280ブース(予定)※同時開催展含む
来場登録者数:15,000名(予定)※同時開催含む
入場料:無料(ただし、招待状もしくは来場WEB事前登録証持参が必要)

お問い合わせはこちら
https://www3.jma.or.jp/ai/inquiry/ai_shiryo.php

▲ページの先頭へ