セミナー, トピックス

第119回JFMAアフタヌーンセミナー

2016 年 11 月 25 日 金曜日

第119回JFMAアフタヌーンセミナーが法政大学新一口坂校舎にて開催されました。2016年11月8日法政大学新一口坂校舎で守重 知量氏(フラワーウォッチ・ジャパン株式会社 代表取締役社長)に講演いただきました。

タイトル:「もっとお花を広げたい」~フラワーウォッチジャパンの使命~
■  講師:守重 知量氏(フラワーウォッチ・ジャパン㈱ 代表取締役社長)
■開催日:2016年11月7日13:00~14:30
■ JFMAニュース掲載号:2016年11月20日号

◆フラワーウォッチ・ジャパンができた背景

オランダのフラワーウォッチ・ジャパンがスタートしたのは16年ほど前。当時アールスメーアの市場に居た担当者は、アフリカからくる花が30%捨てられているのを見ていました、問題は品質です。いくら安いとはいえ、あまりにも多くの破棄に原因は何か?独自に調査を始めました。当時の市場は売ることに専念するのが当たり前でそんな調査に時間を割くことができませんでした。そこで担当者は市場をやめフラワーウォッチを設立しました。

1 フラワーウォッチ・ジャパンとは?

花を買ってくださる方が、高いクオリティー・長い日持ち」の切花を生活の中で楽しむ暮らしをサポートしています。また、フラワーウォッチ・ジャパンはフラワービジネスに携わるすべての方々と一緒に、採花から消費者までの流通過程を見直し、新鮮で花もちの長い製品の提供方法とコスト削減へ向けての提案をしています。

🌸花とその品質向上に情熱を持っています

🌸自社ノウハウを持ったエキスパートです

🌸調査・研究、そして、それを品質向上に役立てます

🌸流通コストの削減、花もち、そして、顧客満足度のアップを目指します

続きは、JFMAニュース2016年11月号に掲載


▲ページの先頭へ