セミナー, 海外情報

2010年JFMA 国際セミナー

2010 年 8 月 10 日 火曜日

プログラム

■挨拶    法政大学経営大学院教授 小川 孔輔氏
■来賓挨拶 農林水産省生産局生産流通振興課花き対策室長 表 尚志氏
■講演Ⅰ  「世界の花き産業の流れを踏まえて、日本の花き産業に求められるもの」 
            JFMA会長/法政大学経営大学院教授 小川 孔輔氏
■講演Ⅱ  「一般のお花屋さんからデジタルのお花屋さんへの変身」
            アクアレル・ドットコム・グループ CEO アンリ・デュ・モーブラン 氏

■パネルディスカッション 「日本の花き産業、これまでの10年。これからの10年!」
                   コーディネーター  小川 孔輔氏
  パネラー    農林水産省生産局生産流通振興課花き対策室長 表 尚志氏  
            アクアレル・ドットコム・グループ CEO アンリ・デュ・モーブラン氏
           インパック株式会社 代表取締役社長 守重 知量氏
           昭和花き研究会 会長 菅家 博昭氏 

概要

■発表者:表 尚志氏(農林水産省生産局生産流通振興課花き対策室長)
■タイトル:「来賓挨拶 5年後、10年後の花き需要は?」 
■概要:
切り花年齢別購入金額を2007年と同額と仮定した場合、人口構成の推移から将来の切離の購入金額を推測してみると2025年までは微増傾向で推移すると予測される。

過去のトレンドを考慮し、将来購入金額を推測すると2025年には 体2007年火でマイナス28%の大幅減と推測。今後花き消費拡大に努力しないと 消費は確実に減少する。何が売れる?ニーズ予測。

日本人の好きな花を見ると1983年と2007年 両年とも一位は「桜」その他のランキングは大きく入れ変わった。消費者が様々な花を好むようになっている。

 消費者からの要望   99%の人が環境を気にしている! 日持ちする花が欲しい!

  消費者ニーズとして「日持ちする花」と言う要望が非常に強く、17年前の調査でも確認できる。また、消費者から「環境にさしい商品」を求められることが「よくある」と回答した小売店が約99%と非常に多い。

 

■発表者:小川 孔輔氏(JFMA会長/法政大学経営大学院 教授)
■タイトル:「世界の花き産業の流れを踏まえて、日本の花き産業に求められるもの」 
■概要:
 ①日本の小売業の変化デスカウントの時代。 10年間で凋落してきた業態は?

 百貨店、GMS(総合スーパー)、ドラッグストア、日本人消費者は何を求めているのか?。

ディスカウント時代の終焉 ②農業の生産環境と農地法の改正③中間流通の変化④国境を越えた戦い:

切花輸入の限界

切花輸入の増加 アジア経済圏の確立(中国、韓国、日本)、インド、ベトナム、インドネシア、マレーシア

   *輸出国の変化 ヨーロッパ・中南米⇒アジアへシフト

   *地産地消の波が押し寄せる?

 根拠1 エネルギーコストの上昇。                          

 根拠2 農産物の輸入規制(食糧危機の到来。                       

 根拠3 構内の農業改革と物流改革が進む。                         

 根拠4 発展途上国が成長段階を終える。

 

  ■発表者:アクアレル・ドットコム・グループ CEO アンリ・デュ・モーブラン 氏

  ■タイトル:「一般のお花屋さんからデジタルのお花屋さんへ変身」 

  ■概要:

     1997年の「アクアレル」

    フランスのトップチェーンで店舗は21店あったが、売上は約9億円、従業員数は80人で、収益率は1.5%以下に留まった。そこでどのように事業を伸ばしていくか検討した結果、アクアレルのブランドは 強力で潜在力は高い。但しフランスでは、家賃が高く販売拠点を増やすには高水準の資本投下を必要とした。投資規模に競争も激しく、投資規模により成長に制約があり、収益性も予測し難い状況であった。そこでアクアレルは1997年に物理的な店舗は止めて、インターネット販売にシフトして行った。

 

     *アクアレルのブランドを構築 品質を保証する信頼のブランドイメージの構築

     *魅力ある商品と適正な価格 いくら商品が良くても高くては売れない。

      「新鮮で高品質」で「適正価格」を模索。

     *時間厳守の配達と情報の共有化の実現 指定の時間に配達、流通のどの段階(配送のプロセス)にあるもお客様と情報を共有する。写真証明を作る。お客様に発送直前のお花の写真を電子メールで送信する。

      *単一の生産拠点 花は加工用に毎日世界中から到着。通常は85%がオランダの市場から届く。加工は、予測値に基 き毎日製造され、直ぐに発送される。在庫は持たない。なお、日曜日と祝日以外は毎日出荷  以上


▲ページの先頭へ