海外情報

2009年5月 海外情報プロジェクト報告

2009 年 8 月 24 日 月曜日
  • ■使用文献:「オランダ花き市場フローラホランドは、この世界的不況の中で何を考えているのか?」(フローラカルチャーインターナショナル誌2009年5月号より)
  • ■開催日:2009年5月13日
  • ■JFMAニュース掲載号:2009年6月10日号
  • ■概要:

世界の花き市場~フローラホランド花き市場(オランダ)
過去15年、オランダを窓口として、ヨーロッパに輸入される切花は50%以下から66%以上に増加しました。それらの60%以上をフローラホランド花き市場を通っています。この世界一大きな花市場は、どのように世界不況に対応しているのでしょうか?
フローラホランド花き市場のマネージングディレクターTimo Huges氏、輸入部門マネージャーArd Reijtenbagh氏へのインタビュー記事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

質問 フローラホランド花き市場で取引される花や植物は、危機の影響で、ボリュームなどに変化が見られますか?
回答(Timo)  オランダでの切花生産は、エネルギー価格の高騰で減少しています。オランダの生産者はエネルギー価格の高騰を受けて、熱や光を減らして栽培しているため、生産量が減っています。

回答(Ard) 花き産業は、不況だけでなく、為替の大きな変化に対応しなくてはなりません。南アメリカの花は、ロシア市場での利益は少ないです。また、ドルやユーロの花は高くなります。

質問 生産者のメンバーの対応は?
回答(Timo) この大変な時、銀行、保険会社、輸出用保険会社らが不安定な中、フローラホランド花き市場は、支払と販売を保証する『希望』となっています。嵐の中の安全な港のようになっています。

回答(Ard) たくさんの生産者、特に海外の生産者は、安全なビジネスの利点に気が付きだしました。彼らが重要視するのは、口座をきちんとお金を受け取れる状態にすることです。顧客は、時には60日や90日というように、支払を延期します。ですから、生産者は我々を利用しようとするのです。それに対して、我々は100%の生産物を、長期にわたり取り引きすることを要求します。

質問 国際メンバーの重要性は?
回答(Ard) もし、オランダが花の生産地であるだけなら、オランダの生産者のみのものだったでしょう。しかし、生産は国際化し、それに伴って、我々の取引も国際化しました。フローラホランド花き市場は、トータルマーケットを強化し、生産者がそこに加わることで、地位を得ることができるという信念があります。花きからの売上の50%は海外のメンバーからのものです。これはさらに10%は増加するでしょう。

(Flora Culture International May 2009 12-15より) 

※JFMA会員の方は、会員専用ページで詳しい内容を閲覧することができます。
※会員以外の方、入会案内はこちらです。


▲ページの先頭へ