MPS

MPSについて

2009 年 8 月 20 日 木曜日

MPSとは、花の先進国オランダで開発された、花き生産業者・流通業者が環境・法令・品質等の基準に適合した生産や流通を行っていることを認証する認証システムである。JFMAは、2002年にMPSオランダ本部デグルート総裁を招いてセミナーを開催し、その後日本に導入するか議論を重ねた。そして、2006年5月にJFMAはMPSオランダ本部と日本に導入する契約をし、2006年8月1日にはMPSの運営会社MPSフローラルマーケティング株式会社(現MPSジャパン株式会社)を設立、現在に至っている。
MPSオランダ本部デグルート総裁が来日した2002年には、既にケニアなどのアフリカ諸国、インド、スリランカなどのアジアまでMPSが導入されており、日本にMPSを導入すると海外からの輸入花きが有利になるのではと言う反対意見も出た。そこで、JFMAはMPSオランダ本部と交渉し、日本でのMPS取得にはジャパンマークを併記することを認めてもらったのである。このことにより、MPSへの取組みは、国際的な認証を取得すると同時に日本産であるとの差別性を訴求できることになっている。mps-abclogo1
また、JFMAはMPSを「花きの環境のブランド化」と捉え、生産・流通業者は生産品の品質、法令順守、環境保護への意識が高いことをアピールできると同時に、MPSジャパンに集積されたデータを利用して経営改善にも役立つと考えている。

詳しくは、MPSジャパン公式HP


▲ページの先頭へ