活動実績

JFMAフラワービジネス講座 後期もオンライン!!

2020 年 8 月 7 日 金曜日

JFMAフラワービジネス講座 2020年度 第7期 後期

◆後期 2020年 9/1、9/15、10/6、10/20、11/4、11/17

◆開催時間   13:30~16:15(75×2)最終日のみ異なる
◆副読本    「お花屋さんの仕事基本のき」(事務局でも販売中)
◆受講料    前期講座:35,000円/シリーズ 非会員:41,000/シリーズ
後期講座:35,000円/シリーズ 非会員:41,000/シリーズ
(単発(1日) 会員:6,000円 非会員:7,000円)
(一講座会員:3,000円 非会員3,500円)   *シリーズ受講 割引あり
*カリキュラム・講師は変更する可能性がございます

◆講座に参加するには?
①JFMA事務局へ申し込み(メール・電話・FAX)
②JFMA事務所より請求書
③受講金額を入金する
④入金確認後、オンライン講座入室URL・講座資料を受け取る
⑤当日、時間になったら、④で受け取ったURLから入室し、受講する
・パソコンにダウンロードしなくても受講は可能です。
・カメラ付きPCがベターです。
・タブレット・スマートフォンでも受講できます。(アプリダウンロード必要)
・不安な方は、受講サポートをオンラインで事務局がします。
★申し込みは、1日だけ、1講座から受講もOK!
シリーズ受講のほうが全体を網羅できるので、おすすめです。

コロナ禍で大きく変化するからこそ、学びが必要。
オンラインで、勉強しませんか?

申し込みはこちらから↓(PDF)

2020年度JFMAフラワービジネス講座後期オンライン

第140回JFMAアフタヌーンセミナー

2020 年 8 月 7 日 金曜日

2020年7月14日(火)JFMAアフタヌーンセミナーがオンラインで開催されました。

講師は、マミフラワーデザインスクール校長川崎景介氏。「花束の文化史」をご講演いただきました。

第140回JFMAアフタヌーンセミナー
「花束の文化史」~ヨーロピアンフラワーの原点たる花束のあゆみを振り返る~
講師:マミフラワーデザインスクール校長川崎景介氏
(さらに…)

9月セミナーご案内

2020 年 8 月 6 日 木曜日

2020年9月のJFMAのアフタヌーンセミナーは、青木良平氏 (有限会社青木園芸・代表取締役)をお招きして「気候変動の今をどう乗り越えるか」をご講演いただきます。千葉の南房総に位置する青木園芸は、2019年の9月10月の台風で甚大な被害に遭いました。その後復活し、やっと出荷と思った矢先にこのコロナ・・・一人の生産者として会社経営者として、この現状をどのように乗り越えようとしたのか・・。小川先生との対談形式でお話しいただきます!!

どんどん変化する状況にどのように対応するのか?ヒントを皆さんもぜひこの講座で得てください。

皆様のご参加お待ちしております。JFMAセミナーはどなたでも参加できます。詳細は以下ご覧くださいませ。

(さらに…)

フローラル・イノベーション コンテスト開催 

2020 年 7 月 9 日 木曜日

フローラル・イノベーション2020

2020年11月11日~13日開催します。その中でコンテストを開催します。

応募フォームからのみとなりましたので、案内のURLを以下に添付しました。

【フローラルイノベーション2020】コンテスト開催★「第1回 Enjoy home with Flowers プロダクトアイディア大賞」賞金10万円!

いろんな方に参加していただきたいイベントですので
ぜひ周りの皆様へお伝えください。
応募フォーム作成にJFMA副会長の松村さん(自由が丘フラワーズ社長)にご協力いただき作成しました。

(さらに…)

7月セミナーのご案内 オンライン講座(ZOOM)

2020 年 6 月 6 日 土曜日

2020年7月のJFMAのアフタヌーンセミナーは、川崎景介氏(マミフラワーデザインスクール校長)をお招きして「花束の文化史」をご講演いただきます。JFMAアフタヌーンセミナー史上初のオンライン講座(ZOOM)!!でございます。

皆様のご参加お待ちしております。JFMAセミナーはどなたでも参加できます。詳細は以下ご覧くださいませ。

(さらに…)

Floral Innovation 2020

2020 年 6 月 5 日 金曜日

Floral Innovartion

We try to provide opportunities to consider calling upon a great amount of expertise how to create new added values for flowers and ornamental plants by gathering various products and technologies in each distribution phase (seeds, production, distribution, retailing, and relevant materials) in the flower industry as well as to cope with problems (climate change, labor shortage in distribution section, aging and difficulty of finding successor, etc.) held by the whole industry in order to support “sustainable development” of flower industry in Japan.

We create opportunities to share a concept of “what is ideal future for us” rather than considering matters in the past and present.

We will see in Tokyo Big Sight!!

 

Date:November (Wed) – 13(Fri) , 2020 10:00-17:00

VenueTokyo Big Sight Aomi Exhibition HallJapan

Organized byJapan Management Association

Exhibition scale:170 exhibitors / 280 booths (expected)

Number of visitors:15,000 professionals (expected)

Final application deadline:July 31(Fri.), 2020

2020年フローラル・イノベーションは、開催します。@東京ビックサイト

2020 年 6 月 4 日 木曜日
このコロナ禍で、今年11月に開催を予定しているフローラル・イノベーションの案内です。
(この展示会は国際見本市連盟の指針に従って、予定通り11月11日~13日に開催されます)
~花き業界存続の危機をどう乗り切るか気候変動人手不足、消費低迷への対応策
「フローラル・イノベーション」は、日本能率協会と、日本フローラルマーケティング協会が

2019年からスタートさせた新しい展示会【交流の場】です。

日本の花き業界の「持続的な存続・発展」を支援するため、
花き業界内の各流通フェーズ(種苗、生産、流通、小売、関連資材)における
様々な製品、技術を集めた花きの新しい付加価値創出、ならびに、
花き業界全体が抱える問題(気候変動、物流における人手不足、​高齢化と後継者難等)への対応を、

業界内外の英知を結集して考える場を目指します。

過去~現在がどうであるかよりも、「未来にどうありたいか」を共有できる場を作ります。

現在、多くの展示会が中止になっております。しかしこんな時だからこそ、
リアルで会う、展示会が必要です。
皆さんの周りに、各展示会が中止になっているため、出展する場がないとおっしゃっている人がいましたら
ぜひ、JFMA事務局へご紹介ください。◆今年はイベント企画しております。

「Enjoy Home With Flowers」

(さらに…)

2020年度 フラワービジネス前期講座はオンラインで開催します。6/23スタート

2020 年 5 月 20 日 水曜日

JFMAフラワービジネス講座 2020年度 第7期

前期 2020年 6/23、6/30、7/7、7/21、7/28、8/4  火曜日開催 オンライン

◆後期 2020年 9/1、9/15、10/6、10/20、11/4、11/17
◆開催時間   13:30~16:15(75×2)最終日のみ異なる
◆副読本    「お花屋さんの仕事基本のき」(事務局でも販売中)
◆受講料    前期講座:35,000円/シリーズ 非会員:41,000/シリーズ
後期講座:35,000円/シリーズ 非会員:41,000/シリーズ
(単発(1日) 会員:6,000円 非会員:7,000円)
(一講座会員:3,000円 非会員3,500円)   *シリーズ受講 割引あり
*カリキュラム・講師は変更する可能性がございます

*後期も状況でオンラインで開催します。

◆講座に参加するには?
①JFMA事務局へ申し込み(メール・電話・FAX)
②JFMA事務所より請求書
③受講金額を入金する
④入金確認後、オンライン講座入室URL・講座資料を受け取る
⑤当日、時間になったら、④で受け取ったURLから入室し、受講する
・パソコンにダウンロードしなくても受講は可能です。
・カメラ付きPCがベターです。
・タブレット・スマートフォンでも受講できます。(アプリダウンロード必要)
・不安な方は、受講サポートをオンラインで事務局がします。
★申し込みは、1日だけ、1講座から受講もOK!
シリーズ受講のほうが全体を網羅できるので、おすすめです。

コロナ禍で大きく変化するからこそ、学びが必要。
オンラインで、勉強しませんか?

申し込みはこちらから↓(PDF)

2020年度JFMAフラワービジネス講座第7期カリキュラム

日本と中国を行き来する西村社長コラム~鉢物に特化した商品開発‐その2

2020 年 5 月 18 日 月曜日

前回、中国上海において鉢物花き専門店を展開する計画が進行中と話しました。今回はその鉢物の新商品を開発するに当たっての経緯と現状を報告します。マーケティングの観点からまず中国における園芸商品の現状分析です。中国の園芸商品は次の点において開発途上にあるものと考えます。 (さらに…)

日本と中国を行き来する西村社長コラム~鉢物専門花店にチャレンジ

2020 年 5 月 11 日 月曜日

これから鉢物に特化した販売店を開設すべく計画を進める予定です。場所は日本ではなく中国上海で建設を進める大型ショッピングモールの屋上庭園です。日本では郊外型ガーデンセンターが有名ですが、中国の都市型花店では日本と同様に切花を用いた花束メインの商品を扱うのに対し、今回は切花を一切置かず、デザインに注力した鉢物のみを販売する店舗作りを目指します。 (さらに…)

日本と中国を行き来する西村社長コラム~植物に囲まれて思うこと~

2020 年 5 月 4 日 月曜日

最近、中国花卉マーケットにおいて、わずかでも何らかの新しいトレンドを創造する意気込みで、毎日のように様々な植物と接しています。こちらで入手できるほぼすべての鉢物用植物と大小さまざまな鉢とのコラボで、より親近感やオシャレ感のある商品を作ろうとする試みです。

(さらに…)

日本と中国を行き来する西村社長コラム ~中国の植物ネット通販事業構造~

2020 年 4 月 27 日 月曜日

中国では現在アリババや京東などのネット通販が爆発的に動いていることは誰でも承知しています。アリババが運営する陶宝ネット通販サイトにおいて植物を一般消費者に販売する業者は優に100社を超えています。こちらの会社も半年前から通販事業を開始しました。感覚的に利益が出ない構造かとは思いましたが、今回はこの危険なビジネス構造を紹介したいと思います。

(さらに…)

日本と中国を行き来する西村社長コラム ~中国における「小農理想」事業計画~

2020 年 4 月 20 日 月曜日

中国における都市部の不動産開発は現在でも相当活発です。この不動産開発と政府によるインフラ開発のみが辛うじて名目上のGDPを維持していると言っても過言ではないでしょう。都市開発とは別に地方においては経済を引き上げる、あるいは産業活性化を図る手段として観光地化、観光農業に対する政策が様々な地域で独自に進められています。私の目に映るのは金持ち(地方政府や都市部の不動産デベロッパー)による自分達のための新たな金づる探しにしか見えません。表題の小農理想とは、このような地域興しに躍起になっている地方政府等に対して、本来の農業技術や地域観光の仕掛けを得意とする専門家が集まってその地域に合った専門的な提言や運営管理をサポートする事業組織の名称です。

(さらに…)

日本と中国を行き来する西村社長コラム ~花の難解漢字名~

2020 年 4 月 13 日 月曜日

正月のテレビのクイズ番組を真似る訳ではありませんが、毎日「避役」と「樹懶」の生活をして参りました。毎日餌を追い求めるだけのカメレオンと樹の上でのんびりとした日々を過ごすナマケモノという意味です。今回は花の漢字名を探って見たいと思います。万葉の時代から使い続けられたものや近代において西欧から導入されたものまでほとんどすべて和名あるいは漢字名が付けられています。
(さらに…)

中国と日本を行き来、西村社長コラム~土地の活用法を考える~

2020 年 4 月 6 日 月曜日

日本の農地において、作付けされない土地が大きく広がりつつあることは周知しています。全く作付けされない水田である休耕田、畑を耕さない耕作放棄地、遊休農地、休耕地などと呼ばれています。何故このような農地が数多く出現しているのかはともかく、放棄とか遊休とか言葉としては、すべてのその土地の所有者に対して失礼な言い方のような気がしますが、全体から見れば大きな問題であるに違いありません。

(さらに…)

中国と日本を行き来する西村社長コラム~ 照葉樹林文化を改めて知る

2020 年 3 月 30 日 月曜日

学生時代に知った照葉樹林文化論は日本の民俗学者、中尾佐助氏等が提唱した学説です。ヒマラヤから東南アジア北部山地、中国雲南省や貴州省、長江下流域を経て日本に至る地域では自然の植生でシイ、タブ、クス、ツバキなど葉の表面に光沢のある常緑樹が基本をなし、その地域では文化的に共通する面が数多く見られることから日本の現在の文化もこの地から伝播してきたであろうという学説です。日本では縄文時代にすでに稲作があったことは知られており、その起源は中国長江下流域の、現在では杭州市の近郊にある良渚の古い遺跡から発見された田んぼが世界で最も古い稲作の証拠とされていました。 ところが、最近この良渚から100㎞以上離れた嘉興という所でもっと古い稲作遺跡が発見され、ここで博物館の建設が始まりました。

(さらに…)

中国と日本を行き来している、西村社長コラム~暖冬の影響~

2020 年 3 月 24 日 火曜日

MPSニュースで約7年連載しているECASジャパンの西村社長の人気コラム

中国と日本を行き来され、中国の園芸ビジネスにも詳しい西村氏。過去のコラムになりますがここで一部アップしていこうと思います。

お楽しみに!!

(さらに…)

日持ち性向上対策実証事業発表会(令和元年度)

2020 年 3 月 24 日 火曜日

令和元年度農林水産省次世代国産花き産業確立推進事業花き日持ち性向上対策実証事業発表会が、2月28日(金)に法政大学経営大学院101教室で開催されました。約40名が出席しました。

(さらに…)

JFMAフラワービジネス講座 第7期 申込スタート

2020 年 3 月 19 日 木曜日

JFMAフラワービジネス講座 第7期 が5月に開講いたします。JFMAだからこそ提案できる充実の講師と講義内容です。花屋の運営や、業界に関する話は、ここで学べる!ここでしか学べない!!

まずはカリキュラムの内容をご覧ください。↓↓↓

2020年度JFMAフラワービジネス講座第7期カリキュラム 申込書(PDF)
ビジネス講座様子・受講感想 (PDF)

*新型コロナウィルスのの対策はしっかり行います。
手洗い、換気、マスク消毒

(さらに…)

令和元年度花き日持ち性向上対策実証事業発表会

2020 年 2 月 4 日 火曜日

国産花き日持ち性向上推進協議会が主催する事業報告会を2020年2月28日に開催します。報告会への参加は無料です。(夜の情報交換会は別)
申込は申込書を事務局:MPSジャパンへお送りください。
■令和元年度農林水産省次世代国産花き産業確立推進事業
花き日持ち性向上対策実証事業発表会

1.日 時   2020年2月28日 13:30~17:15
2.場 所     法政大学新一口坂校舎101教室(定員60名)
東京都千代田区九段北3-3-9
3.主 催    国産花き日持ち性向上推進協議会

定員になり次第受付終了

■参加申込み>> MPSジャパン FAX03-3238-2701
E-MAILinfo@mps-jfma.net

(さらに…)


▲ページの先頭へ